はじめての仮想通貨投資入門

投資未経験者向け仮想通貨投資・ビットコイン投資入門

DMM Bitcoinは豊富なレバレッジ取引が魅力!国内取引所DMM Bitcoinの特徴を解説

      2018/05/16

DMM Bitcoinとは、2018年1月にオープンした仮想通貨取引所です。

2016年に設立された株式会社東京ビットコイン取引所が、株式会社DMM FX ホールディングスに譲渡され、DMM Bitcoinとして運営がはじまりました。

DMM Bitcoin 

DMM Bitcoin
DMM Bitcoin 公式サイトをみる

DMM Bitcoinとは?

DMM Bitcoinとは?

名前のとおり、株式会社DMM FX ホールディングスは、もともとFX事業を運営しているため、仮想通貨分野でも期待されています。
昨今では、大手仮想通貨取引所ハッキング被害に遭遇し、顧客のコインが不正に流出してしまったという事件がありました。

仮想通貨は新しい分野なため、セキュリティやハッキング対策が十分にできていない取引所が残念ながらあるようです。
そういった面でも、 FX事業の運営で身につけたノウハウと大手企業の十分な資金力で、堅牢なサービス運営をしてくれるのではないでしょうか。

DMM Bitcoin 公式サイトをみる

DMM Bitcoinのメリット

DMM Bitcoinのメリットのひとつは、豊富なレバレッジ取引です。
レバレッジ取引とは、元手以上の金額で売買をすることです。

例えば、レバレッジ5倍の取引ならば、2万円で10万円まで売買することができます。
このような取引を証拠金取引といい、上の例では2万円が証拠金です。

仮想通貨を売買する場合は、実際に仮想通貨の移動を伴わず、買い注文と売り注文の差額を計算して、その金額を受け取ることになります。
DMM Bitcoinのメリットはレバレッジ取引がビットコインだけでなく、アルトコインでもできるところです。

ほとんどのビットコイン取引所では、ビットコインだけ、もしくはビットコインイーサ(Ethereum、イーサリアム)のみレバレッジ取引ができるところが多いです。
現在のところ、DMM Bitcoinではビットコインイーサを含め、7種類の通貨でレバレッジ取引ができます。

また、金額は小さいかもしれませんが、DMM Bitcoinは日本円の出金手数料が無料です。

ほとんどの仮想通貨取引所が取引手数料は無料にしていますが、日本円出金手数料は千円近くとるところもあります。

DMM Bitcoin 公式サイトをみる

DMM Bitcoinのデメリット

DMM Bitcoinのデメリットは現物取引がビットコインとイーサのみだということです。
現物取引とは、先程のレバレッジを効かせた証拠金取引とは異なり、仮想通貨の移動を伴う取引です。

そのため、買い注文と売り注文をセットでする必要がありません。
日本円で、仮想通貨を購入し、売らずにそのまま仮想通貨を他の口座に移したり、手元に置いておいたりすることができます。

ビットコインイーサ以外の通貨を購入したいものの、売却はしたくないという意向の方にDMM Bitcoinは向いていません。

レバレッジを効かせた証拠金取引は売り注文から先にすることもできますが、いずれにしろ買いと売りをセットにして差額決済する必要があるのです。

DMM Bitcoin 公式サイトをみる

豊富なレバレッジ取引

DMM Bitcoinの最大のメリットである豊富なアルトコインについて紹介します。
DMM Bitcoinの取扱コインは、ビットコイン(BTC)イーサ (ETH)はもちろん、リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)イーサリアムクラシック(ETC)ネム(XEM)の7種類です。

これらのコインは日本円建てとビットコイン建てで売買注文を出すことができます。

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

DMM Bitcoinのビットコインとイーサ

ビットコイン(BTC)は、仮想通貨において市場規模が最大の通貨です。
情報も多く、最初に手を出しやすい通貨といえます。

一方で、既に十分に流通しているため、一攫千金を狙うのは難しいかもしれません。
イーサ (ETH)ビットコインに次ぐ市場規模があります。

ビットコインを改良した仮想通貨で、スマートコントラクトトークン発行など、その技術面でも期待されています。
DMM Bitcoinでは、ビットコインイーサは現物取引も可能です。

レバレッジを効かせる必要がない場合は現物取引、利幅を増やしたい、もしくは売りポジションから参加したい場合は証拠金取引という風に使い分けることもできます。

DMM Bitcoin 公式サイトをみる

DMM Bitcoinの取扱アルトコイン

Ripple(リップル、XRP)

リップル(XRP)は、外国送金の技術として非常に期待されています。
従来の銀行の海外送金システムでは、送金手数料は数千円から数万円です。

一方で、リップルの技術を利用すれば、安く早く送金できると考えられ、国内外の大手金融機関との提携を公表しています。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ、BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコインハードフォークによって生まれたコインです。

ビットコインはブロックチェーンという技術で運営されていますが、この技術の改良方法で意見が分かれ、ビットコインビットコインキャッシュの2つに分かれました。
そのため、ビットコインにとても近いアルトコインだといえます。

Litecoin(ライトコイン、LTC)

ライトコイン(LTC)は、ビットコインキャッシュよりも前にビットコインハードフォークによって生まれました。
ライトコインの特徴は送金手数料が数円程度しかかからないことです。

また、2017年には25倍ほど値上がりしたことで注目されました。

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック、ETC)

イーサリアムクラシック(ETC)イーサリアムハードフォークによって生まれました。

イーサリアムと似ていますが、セキュリティ面などがより安定していて、IoT分野でも注目されています。

NEM(ネム、XEM)

ゼム(XEM)は、ネム(NEM)というブロックチェーン上の仮想通貨です。

ネム(NEM)は従来のパブリック型のブロックチェーンではなく、プライベート型のブロックチェーンです。
そのため、企業の機密情報などへの使用も可能で、将来性が期待されています。

このように、DMM Bitcoinではメジャーなビットコインイーサだけでなく、多数の有望なアルトコインのレバレッジ取引を行うことができます。

DMM Bitcoin 

DMM Bitcoin
  • 7種類の通貨で合計14種類のレバレッジ取引が可能!
  • ビットコイン、イーサリアムをはじめネムやリップル、ライトコインなど取り扱い豊富!
  • 今なら1,000円もらえるキャンペーン実施中!
DMM Bitcoin 公式サイトをみる

ビットコインって何?特徴・仕組みについて分かりやすく解説

2018.05.13

イーサリアムとは?Ethereumの特徴や将来性、買い方を分かりやすく解説

2018.05.16

ネムとは何?NEM(XEM)の特徴や将来性、買い方を分かりやすく解説

2018.05.01

リップルとは何?特徴や将来性、買い方を分かりやすく解説

2018.05.01

ライトコインとは何?Litecoinの特徴や将来性、買い方を分かりやすく解説

2018.05.01

イーサリアムクラッシックとは何?特徴や将来性、買い方を分かりやすく解説

2018.01.04

ビットコインキャッシュとは何?特徴や将来性、買い方を分かりやすく解説

2018.05.15

 - DMM Bitcoin