はじめての仮想通貨投資入門

投資未経験者向け仮想通貨投資・ビットコイン投資入門

カウンターパーティーとは?Counterpartyの特徴と仕組みを解説

   

新しい金融プラットフォームとして注目されているカウンターパーティーについて紹介します。
カウンターパーティーは仮想通貨の仕組みを利用することで、従来の金融機関が実現できなかった全く新しい金融サービスを提供してくれます。

今回は、「そもそもカウンターパーティーって何?」と思っている方や、「カウンターパーティーの仕組みについて詳しく知りたい」という方にも役立つ情報です。
カウンターパーティーは仮想通貨を利用した革新的な仕組みのため、複雑な部分もありますが、なるべくわかりやすく説明したいと思います。

カウンターパーティーとは

カウンターパーティーとは

カウンターパーティーを一言でいうと、仮想通貨の仕組みを利用した金融プラットフォームです。
しかし、これだけだとカウンターパーティーが何なのか全くわかりません。

そこでまずは、「仮想通貨の仕組みを利用する」とはいったいどのようなことなのか、「金融プラットフォーム」とはどのようなサービスを実現するのかという2点について説明していきます。

仮想通貨の仕組みを利用する

カウンターパーティーは、ビットコインのブロックチェーンを元にして構成されています。
つまり、カウンターパーティー独自のブロックチェーンは存在せず、ビットコインのブロックチェーン上にカウンターパーティーの情報を保持しているのです。

メリットのひとつは、非常に堅牢なビットコインのブロックチェーンを利用することで、カウンターパーティーも安全にサービスを提供することができます。
このようにカウンターパーティーは、既存のブロックチェーンのいいところを利用しつつ、独自の機能を提供しているのです。

次に、カウンターパーティーが提供するサービスである金融プラットフォームについて説明していきたいと思います。

金融プラットフォーム

金融プラットフォームとは具体的にどのようなサービスなのでしょうか。
既存の金融プラットフォームには銀行や証券会社などがあります。

銀行はお金の貸し借りの仲介をしたり、証券会社では企業が株を発行して資金調達するのをサポートしたりしています。
カウンターパーティーのサービスも広い意味では、同様に資金調達のサポートです。

カウンターパーティーを利用することで、誰でも簡単に独自トークンを発行し、そのトークンを購入してくれた人から代金を受け取ることができます。
元々、トークンとは代用貨幣と訳されることがありました。

仮想通貨の世界では、トークンは独自のブロックチェーンを利用せずに発行された仮想通貨を意味するのが一般的な解釈です。
つまり、ビットコインのブロックチェーンを利用して発行されるオリジナルの通貨がビットコインであるのに対し、このブロックチェーンを利用して発行されるそれ以外の通貨をトークンと呼ぶことができます。

トークンは独自のブロックチェーンを開発・維持する必要がないため、手軽に発行することができます。
そうは言っても、誰でも簡単にトークンを発行できるわけではありません。

既存のブロックチェーンを利用する場合も、かなりの知識が必要になります。
過去には、イーサリアムを利用して発行された独自トークンが、ハッキング(クラッキング)されてしまい、盗難事件が起きたこともあります。

それに対して、誰でも簡単かつ安全にトークンを発行できるようにしたサービスがカウンターパーティーです。

カウンターパーティーの特徴

ここまでカウンターパーティーとは、仮想通貨の仕組みを利用した新しい金融プラットフォームであると紹介しました。
また、それを実現している仕組みなどについても説明しました。

ここからは、カウンターパーティーの特徴や仕組みについて、もう少し細かく紹介していきたいと思います。

PoB(ProofofBurn)

カウンターパーティーは世界で最初にPoBの仕組みを採用した仮想通貨です。
カウンターパーティーで使われるトークンはXCPです。

カウンターパーティーを利用して新しいトークンを発行する場合は、XCPが必要になります。
このXCPを獲得するためには、ビットコインを誰も秘密鍵がわからないアドレスに送金する必要があります。

つまり、ここで送金されたビットコインは存在しているものの、実際には誰も使うことができなくなってしまうのです。
この仕組みをPoBと呼びます。

トークンを発行する時は、その配分方法に問題があると指摘する人もいます。
しかし、カウンターパーティーではPoBの仕組みを使って、ビットコインを担保にしてXCPを平等に発行したのです。

スマートコントラクト

カウンターパーティーはビットコインのブロックチェーンを利用していますが、イーサリアムスマートコントラクトも導入しています。
スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上に仮想通貨の移動情報だけでなく、付随情報も一緒に記録することです。

例えば、ある条件をブロックチェーン上に記録し、その条件が満たされたときに自動的に仮想通貨を送金するといった契約をすることも可能になります。

このように、カウンターパーティーは既存の仮想通貨やブロックチェーンのいいところは吸収し、さらに独自の金融サービスに特化して、新たな付加価値を提供しているのです。

Counterparty (XCP)が買えるおすすめの取引所

Zaif(ザイフ) 

Zaif(ザイフ)
  • NEMやMONAなど人気の仮想通貨の取り扱い有り!
  • 板取引だから指値で安く購入、高く売却できる!
  • 自動の「コイン積立」で「ドルコスト平均法」投資も可能!
Zaif(ザイフ) 公式サイトをみる

XCPとは?XCPの特徴や将来性を解説

2018.03.03

 - カウンターパーティー