はじめての仮想通貨投資入門

投資未経験者向け仮想通貨投資・ビットコイン投資入門

GMOコインとは?仮想通貨FXに強いGMOコインの特徴について解説

   

仮想通貨を扱う企業の中には、仮想通貨販売所仮想通貨取引所があります。

今回は、仮想通貨販売所GMOコインについて紹介します。

GMOコイン

GMOコインとは

GMOコインとは

GMOコインという言葉を聞いたことがない人でも、GMOインターネット株式会社の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。
GMOインターネット株式会社は東証一部上場の企業で、GMOクリック証券などの金融サービスを扱っている企業も同じグループです。

GMOコインはGMOインターネット株式会社のグループ企業です。
既存のインターネットサービスや金融サービスのノウハウを活かした形で、仮想通貨販売所を管理しているのです。

ときどき仮想通貨取引所販売所の不祥事をニュースで目にすることもありますが、GMOコインは東証一部上場企業のグループ会社という点で安心できます。

GMOコイン 公式サイトをみる

GMOコインは仮想通貨販売所

GMOコインの大きな特徴のひとつは、仮想通貨販売所だということです。
仮想通貨取引所とは、仮想通貨を買いたい人と売りたい人の仲介をするサービスです。

一方で、仮想通貨販売所は、仮想通貨の売買の仲介ではなく、実際に仮想通貨を売買します。
仮想通貨取引所では、買いたい人と売りたい人が条件を提示しあって、折り合いが付けば売買が成立します。

取引に慣れた人であれば問題ないのですが、はじめて仮想通貨を取引する人には金額がわかりづらく、不安を覚える人もいるようです。
また、購入金額が大きいときは、売買を成立させるまでに時間がかかってしまうというのもデメリットです。

仮想通貨販売所であれば、いくらで買うか・いくらで売れるかが提示されているので、わかりやすいというメリットがあります。
購入前にじっくりと考えて買うかどうかの心の準備をすることができるのも安心です。

GMOコイン 公式サイトをみる

仮想通貨FXに強いGMOコイン

仮想通貨FXをしたいと思っている人に、GMOコインはオススメです。
ここでは、そもそも仮想通貨FX とは何なのかや、仮想通貨FXにおけるGMOコインの特徴について紹介します。

仮想通貨FXとは?

FXと聞くと、レバレッジを効かせたドル円の売買など、外国為替取引が頭に浮かぶのではないでしょうか。
仮想通貨FXとはレバレッジを効かせた仮想通貨の取引のことです。

レバレッジとはてこの原理のことで、少ない力で大きな力を発生させることです。
FXでは、元手よりも大きな金額を取引きすることができます。

例えば、レバレッジを10倍にすると、10万円で100万円分の仮想通貨に買いや売りの注文を出せます。
つまり、元手が少なくても十分な利益を目指した取引ができるということです。

GMOコインでは、このレバレッジを最大5倍まで効かせることができます。
実は、2018年1月31日までは25倍までレバレッジを効かせることができました。

しかし、ビットコインの大幅な価格変動を受けて、5倍までのレバレッジに下げたのです。
たしかに、25倍までレバレッジが効いた方が利幅も大きくなり、利用者の増加につなげることができるでしょう。

しかし、逆に大幅に損をして、ユーザーが取引できなくなってしまう可能性もあります。
一時期的な利用者の増加よりも、利用者の安全な範囲で末永く取引をしてもらう方が仮想通貨販売所にとってもプラスになるのです。

なお、レバレッジを効かせた取引で、入金額よりも多くマイナスになりそうになった場合は、それ以上マイナスにならないように自動で損切りの注文が出されます。

つまり、レバレッジを効かせすぎると少し下がっただけで取引が強制終了されてしまうのです。

GMOコイン 公式サイトをみる

GMOコインの特徴

GMOコインの特徴

GMOコインの特徴は、もともとGMOクリック証券などを扱っているGMOインターネット株式会社という母体があることです。
例えば、GMOコインの利用者は仮想通貨FX 専用の「ビットレ君」というアプリを使って取引をすることができます。

他の仮想通貨取引所仮想通貨販売所でもこのようなアプリは多数出ていますが、使い勝手は様々です。
外国為替取引ですでに、同様のアプリを運営していたGMOグループのノウハウがあるので、「ビットレ君」は使い勝手が良いと評判です。

例えば、取引をするときは通常の「成行注文」「指値・逆指値」で注文することができます。
それだけではなく、新規注文とその注文が確定されたと同時に、その決済の指値注文をセットで出すという「OCO」という注文方法や、異なる2種類の指値で同時に注文し、どちらかが確定したら、もう片方を自動的にキャンセルする「IFD」という注文方法も利用できます。

さらに、「IFD」と「OCO」を組み合わせた「IFD-OCO」、つまり新規注文とその注文が確定されたと同時に、その決済注文を2種類の指値で出すという注文方法も選べます。
このように、外国為替取引などで使われる方法を仮想通貨FXでも利用することができるのです。

インターネットや金融サービスに強みのある企業だけに、セキュリティ面なども、他の仮想通貨取引所仮想通貨販売所に比べて安心できそうです。

GMOコインでは、ビットコイン(BTC)はもちろん、イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リップル(XRP)などのメジャーなアルトコインも取り扱っています。

GMOコイン 

GMOコイン
  • リップルやライトコインなど人気の仮想通貨の現物取引可能!
  • 追証なしのFX!さらにスマホアプリの使いやすさが国内トップクラス!
  • 手数料無料!入金もすぐに反映するから安心して取引できる!
GMOコイン 公式サイトをみる

 - GMOコイン