はじめての仮想通貨投資入門

投資未経験者向け仮想通貨投資・ビットコイン投資入門

ビットコインFXとは何か?仕組みやメリット・デメリットについて解説

   

ビットコインFXとは、ビットコインとFXを組み合わせた言葉です。
ビットコインやFXについて、十分に知っている方には扱いやすいかもしれません。

今回は、はじめての方にもわかりやすく、ビットコインFXの仕組みや特徴について紹介します。

ビットコインFXの仕組み

ビットコインと外国為替

もともとFXとは、外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)を意味する言葉です。
外国為替証拠金取引の「外国為替」とは、米ドルや日本円などの通貨を交換する取引のことです。

従来は、国が管理している米ドルや日本円が外国為替の取引対象になっていましたが、ビットコインなどの仮想通貨も同じ通貨である以上は、この取引と同様のことができます。
皆さんが日本円でビットコインを買ったり、売ったりする場合は、広い意味で外国為替の取引をしているということができます。

例えば、1ドル100円のときに1000ドル買って、120円のときにすべて売ると、利益は2万円です。
ビットコインでも同様に、1BTC100万円のときに1BTC買って、1BTC102万円のときにそれを売れば2万円の利益がでます。

もう少し詳しくいうと、はじめにビットコイン取引所で100万円と1BTCを交換し、手元には1BTCが残ります。
次に、1BTC102万円のときに1BTCと102万円を交換すると、手元に残るのは102万円です。

これが通常の、ビットコイン取引です。

ビットコインと証拠金取引

ビットコインFX(外国為替証拠金取引)では、上記の売買で現物の移動を伴わないで、差額のみ決済することができます。
1BTC100万円のときに1BTCの買い注文を出しても、1BTCは手元に残りませんが、100万円を送金する必要もありません。

1BTCの売り注文を出して、はじめて差額分の決済が決まります。
1BTC102万円のときに売り注文を出すと、買い注文との差額の2万円を受け取ることができます。

しかし、1BTCが98万円まで下がってしまい、そこで売り注文を出すと、差額はマイナス2万円です。
このような状況を想定して、あらかじめマイナスになっても決済できるように、ある程度の金額を入金する必要があり、これを証拠金と呼びます。

外国為替証拠金取引では、証拠金に対してどのくらいの額まで売買注文を出せるか決まっています。
レバレッジ5倍やレバレッジ25倍という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

このレバレッジが証拠金に対して、何倍の額まで買い注文や売り注文を出せるかを意味します。

ビットコインFXのメリット・デメリット

ビットコインFXのメリット・デメリット

従来のFXや通常のビットコイン取引に比べて、ビットコインFXにはどんなメリット・デメリットがあるのか紹介します。

ビットコイン取引と比べたビットコインFX

通常のビットコイン取引とビットコインFXを比べて、ビットコインFXにはメリットもデメリットもあります。
最大のメリットはレバレッジを効かせた取引ができることです。

ビットコインは値動きが激しいため、売買差額による投資目的で購入する人が多いと思います。
たしかに、1BTC50万円から1BTC100万円に上昇することもありますが、毎日このような変動が起きているわけではありません。

しかし、10倍のレバレッジを効かせれば、1BTC100万円から1BTC105万円に値上がっただけで、50万円の利益を得ることができます。
注意してほしいのは、レバレッジはメリットにもなりますが、値下がったときは逆にデメリットになってしまうということです。

さらに、ビットコインFXのメリットは、売り注文を先に出すことができる点です。
通常のビットコイン取引は、先にビットコインを買ってから、そのあとに売ることができます。

ビットコインFXでは、先に売り注文を出して、値下がったときに買い注文を出すこともできます。
つまり、ビットコイン価格が上がっているときも下がっているときも、利益を上げることができるのです。

逆にビットコインFXのデメリットは、ビットコインを送金などに使えないということです。
ビットコインFXは買い注文と売り注文が常にセットで取引されます。

ビットコインの買い注文を出していても、手元にビットコインがあるわけではないのです。
そのため、ビットコインを何かの支払いに使ったり、誰かに送金したりすることはできません。

従来のFXと比べたビットコインFX

従来のFXに比べたビットコインFXのメリットは、24時間取引ができることです。
従来のFXは土日に取引ができないため、休日に腰を据えて取引をしたいと考えている人には不向きかもしれません。

また、従来のFXは初期投資額が少なくとも数万円は必要です。
一方のビットコインFXは数千円から取引をはじめることができるため、気軽に取引に参加することができます。

逆にデメリットは、まだまだビットコイン自体が新しいものだということです。
ビットコインを取扱う法律もだいぶ整備されてきましたが、まだまだ発展段階です。

これは個人のビットコインに対しての法律にも当てはまりますが、ビットコインを扱う企業の法律にも当てはまります。
そのため、ビットコインFXをはじめる場合は、安全で信用できる企業に口座開設するように注意しましょう。

仮想通貨の投資は株やFXと何が違うのか?2種類の一般的な投資との違いを解説

2018.01.25

ビットコインFXとは何か?仕組みやメリット・デメリットについて解説

2018.06.19

ビットコインFX、レバレッジ取引におすすめの国内取引所

DMM Bitcoin 

DMM Bitcoin
  • 7種類の通貨で合計14種類のレバレッジ取引が可能!
  • ビットコイン、イーサリアムをはじめネムやリップル、ライトコインなど取り扱い豊富!
  • 今なら1,000円もらえるキャンペーン実施中!
DMM Bitcoin 公式サイトをみる

GMOコイン 

GMOコイン
  • リップルやライトコインなど人気の仮想通貨の現物取引可能!
  • 追証なしのFX!さらにスマホアプリの使いやすさが国内トップクラス!
  • 手数料無料!入金もすぐに反映するから安心して取引できる!
GMOコイン 公式サイトをみる

DMM Bitcoinは豊富なレバレッジ取引が魅力!国内取引所DMM Bitcoinの特徴を解説

2018.05.02

GMOコインとは?仮想通貨FXに強いGMOコインの特徴について解説

2018.06.20

QUOINEXの特徴とは?QASHやRippleなど人気通貨を扱うコインエクスチェンジを解説

2018.05.01

ビットバンク(bitbank.cc)の利用できる通貨や特徴、デメリットまとめ

2018.05.24

ビットフライヤーは国内の大手仮想通貨取引所!bitFlyerの特徴やメリット・デメリットを分かりやすく解説

2018.05.21

Zaifとは?ザイフはNEMやMonacoinが買えてコイン積立もできる人気の国内仮想通貨取引所!

2018.05.01

BITPointとは?MT4が使える仮想通貨取引所ビットポイントの特徴を解説

2018.06.16

 - 仮想通貨投資について