はじめての仮想通貨投資入門

投資未経験者向け仮想通貨投資・ビットコイン投資入門

ビットコインのメリット・デメリットについて解説

   

ビットコインの取引を始めようか悩んでいる人も多くいるかと思います。
テレビのニュースは高騰や暴騰のことばかり報じてしまうため、ビットコインの本質が伝わってきません。

そこで今回は、ビットコインのメリットやデメリットについて、わかりやすくご紹介します。

ビットコインのメリット・デメリット

ビットコインのメリット・デメリット - 高騰・暴落

高騰・暴落

ビットコインの高騰と暴落はメリットであり、デメリットでもあります。
高騰するということはそれだけ、儲けるチャンスがあるということです。

ビットコイン長者という言葉も生まれたように、少額のビットコインを持っていたら、いつの間にか億万長者になっていたという人もいます。
一方で、暴落する危険性があるのもたしかです。

現状では、ハイリスク・ハイリターンな投資だといえます。
ビットコインの値動きが激しい理由の一つは、ビットコインの価値が定まっていないためです。

例えば、1ドルは100円前後で取引されています。
1ドルが80円や120円で取引されることもありますが、1ドルが2000円で取引されることはありません。

これは、私たちは1ドルでどれくらいのものが買えるのかわかっているため、それ以上の値動きをすることがないのです。
しかし、ビットコインは生まれたばかりなため、まだその価値が定まっていません。

ビットコインの所有者がビットコインに価値がないと思えば、ビットコインが市場にたくさん売られ、価格が下がります。
みんながもっと価値があると思って購入しようとすれば、価値が上がります。

このように、ビットコインの高騰と暴落は必然的なのですが、それだけ儲けるチャンスもあり、注目されているようです。

ビットコインのメリット

ビットコインのメリット

高騰と暴落はメリットであり、デメリットでもありました。
次は、ビットコインのメリットについてご紹介します。

システムの安全性

ビットコインはブロックチェーンという仕組みを使って、運用されています。
このシステムの安全性の高さが、ビットコインが注目された理由の一つです。

ビットコイン暗号通貨と呼ばれるのはこのためです。
この仕組をビットコインだけでなく、他の分野でも活用できないか現在もいろいろな産業分野で研究されています。

このように、ビットコインは扱い方を間違えなければ、非常に安全に運用することができます。

最多取引量

ビットコイン仮想通貨のひとつです。
ビットコインの他にも、イーサリアム(Ethereum、Ether、ETH)リップル(Ripple、XRP)など多数の仮想通貨が存在します。

ビットコインのメリットは取引量の多さです。
ビットコインは最初の仮想通貨として登場し、その後、ビットコインの仕組みを使って、多数の仮想通貨が誕生しました。

しかし、現在も取引量が最も多いのはビットコインです。
取引量が多いということは、それだけ売買が盛んに行われ、個人の思惑で価格操作がされにくいということです。

例えば、FXで米ドルの取引量は、タイバーツよりも多くなっています。
アジア通貨危機ではヘッジファンドの大量の投機によって、タイバーツが暴落してしまいました。

同じことを取引量の多い米ドルで行うのは無理です。
つまり、取引量が多いと個人の思惑で価格を操作するのは難しくなります。

他の仮想通貨に比べて取引量の多いビットコインのメリットです。

ビットコインのデメリット

ビットコインのデメリット

ビットコインのメリットについてご紹介したので、次にデメリットについてもご紹介します。

決済に時間がかかる

ビットコインはブロックチェーンという仕組みを使って安全に取引を管理しています。
しかし、このシステムは10分毎に取引をまとめて処理します。

つまり、ビットコインを誰かに送金する処理をしてから、実際に実行されるまでには10分近くかかってしまう場合があるのです。
ビットコインの開発者はシステムの安全性を保つために、10分程の時間が必要だと考えています。

一方、ビットコインの後に生まれた仮想通貨の中には、すぐに取引を処理できるように、システムを変更している通貨もあります。
10分の取引時間は投資資産としては問題ないかもしれませんが、お店で商品の売買にビットコインを使うときは、少し長く感じてしまうかもしれません。

総量のほとんどが発行済み

ビットコインマイニングという作業によって、新たに発行されるのですが、その上限は2100万枚と決められています。
2017年で、87.5%のビットコインが発行されたと考えられています。

すでに総量のほとんどが発行済みなのです。
これは必ずしも、デメリットというわけではありません。

ビットコインはデジタルゴールドと呼ばれることがあります。
この理由の一つは金と同じように発行量が限られているからです。

限りがあるから、価値があるという考え方もできます。
ただし、他の仮想通貨のなかには、まだまだ大量に発行を続けているものもあります。

ビットコインは一番はじめに登場した仮想通貨です。
ビットコインが登場してから、一度もセキュリティー上の不備は見つかっていません。

仮想通貨の中では、ビットコインが最も安定した仮想通貨だと考えることもできるでしょう。
一方で、ビットコインの仕組みを使った新しい仮想通貨も目が離せません。

仮想通貨が「タダ」でもらえる「AirDrop」(エアドロップ)が話題沸騰!


「仮想通貨が欲しいけど、いきなり数千円〜数万円投資するのは不安···」と思っている人は必見!

まずは仮想通貨が無料でもらえる「AirDrop」に参加してみよう!

仮想通貨がタダでもらえるAirDrop(エアドロップ)とは?

【エアドロップ一覧】開催中のAirDropを一覧表でまとめて紹介!

AirDropの事前準備まとめ!エアドロップに参加する為に必要なものを揃えておこう!

ビットコインって何?特徴・仕組みについて分かりやすく解説

2018.05.13

ビットコインのメリット・デメリットについて解説

2018.06.22

ビットコインのハードフォークって何?Hardfolkの仕組みと新たに生まれた仮想通貨まとめ

2018.06.26

ビットコインのスケーラビリティ問題って何?解決策とあわせて解説

2018.06.25

ビットコインFXとは何か?仕組みやメリット・デメリットについて解説

2018.08.03

Bitcoin(ビットコイン)が買えるおすすめの国内取引所一覧

DMM Bitcoin 

DMM Bitcoin
  • 7種類の通貨で合計14種類のレバレッジ取引が可能!
  • ビットコイン、イーサリアムをはじめネムやリップル、ライトコインなど取り扱い豊富!
  • 今なら1,000円もらえるキャンペーン実施中!
DMM Bitcoin 公式サイトをみる

GMOコイン 

GMOコイン
  • リップルやライトコインなど人気の仮想通貨の現物取引可能!
  • 追証なしのFX!さらにスマホアプリの使いやすさが国内トップクラス!
  • 手数料無料!入金もすぐに反映するから安心して取引できる!
GMOコイン 公式サイトをみる

Zaif(ザイフ) 

Zaif(ザイフ)
  • NEMやMONAなど人気の仮想通貨の取り扱い有り!
  • 板取引だから指値で安く購入、高く売却できる!
  • 自動の「コイン積立」で「ドルコスト平均法」投資も可能!
Zaif(ザイフ) 公式サイトをみる

QUOINEX(コインエクスチェンジ) 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)
  • 国産ICOで誕生した話題の「QASH」(キャッシュ)が買えるのは「QUOINEX」だけ!
  • Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Rippleに加えNEM、Litecoinの取り扱い予定あり!
  • 板やチャートが一体化した見やすく使いやすい取引画面が魅力!
QUOINEX(コインエクスチェンジ) 公式サイトをみる

bitbank(ビットバンク) 

bitbank(ビットバンク)
  • 板取引だから販売所よりもリップルやモナコインを安く買える!
  • レバレッジ最大20倍!さらに追証なしのFX!
  • 手数料無料キャンペーン継続中!
bitbank(ビットバンク) 公式サイトをみる

bitFlyer(ビットフライヤー) 

bitFlyer(ビットフライヤー)
  • ビットコインやイーサリアムはもちろん、モナコインやリスクなど話題の仮想通貨を取り扱い!
  • 大手メガバンクが株主&堅固なセキュリティで資産を守る「セキュリティ・ファースト」主義!
  • 「ビットコインをもらう」を使えば買い物するだけでビットコインが貯まる!
bitFlyer(ビットフライヤー) 公式サイトをみる

BITPoint(ビットポイント) 

BITPoint(ビットポイント)
  • FX定番ツール「MT4」が使えるから本格的な取引が可能!
  • 最大25倍のレバレッジが魅力のFX取引ができる国内取引所!
  • 手数料無料で売買ができる!さらにウォレット機能も完備!
BITPoint(ビットポイント) 公式サイトをみる

 - ビットコイン