はじめての仮想通貨投資入門

投資未経験者向け仮想通貨投資・ビットコイン投資入門

ビットコインのスケーラビリティ問題って何?解決策とあわせて解説

      2018/03/14

仮想通貨の代名詞ともいえるビットコイン
価値の高まりに伴う投資だけでなく、新しい技術やそれを生かした経済圏・決済にも注目が集まっています。

ですがビットコインには、長所だけでなく解決すべき問題点もあります。
そのひとつとしてしばしば指摘されるのが、ビットコインを始めとした仮想通貨のスケーラビティ問題についてです。

その詳細や解決策を解説します。

スケーラビリティとは

“スケールの大きな話”と使われるように、スケール(scale)は「規模」という意味を指します。
そこに「〜できる」という意味の-able、名詞を指す-ityがついたスケーラビリティ(scalability)「拡張性」「規模設定性」という意味で使われます。

システムやネットワークが状況に応じた規模の拡大に対応する能力を備えていることは、ブロックチェーンにおいても重要です。

ビットコインのスケーラビリティ問題

ビットコインの取引量増加に対して、規模拡大能力が追い付いていない状況がビットコインのスケーラビリティ問題」と呼ばれています。
ビットコインのブロックチェーンは1MBと規定されています。

よって処理速度としては1秒間に3、4取引(理論上は最大7取引)が可能です。
大手クレジットカードシステムの決済が1秒間に2,000取引を処理していることを考えると、これは決して迅速であるとはいえません。

また取引を承認するためのブロック生成速度は約10分に1ブロックとなるように、計算難易度が設定されています。
この難易度を低くすればブロックはたくさん作られて取引量は多くなりますが、安全性も下がってしまいます。

送金する際の手数料を高く設定すれば優先的に承認処理されますが、取引数が増えて送金に時間がかかってしまうという悩みが、ビットコインのスケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題の解決策とは?

解決策とは?

ビットコインのスケーラビリティ問題の解決策としては、以下の内容が挙げられます。

Segwitの導入

「Segregated Witness(隔離された証人)」を略した言葉がSegwitです。
簡単に説明すると、ビットコインの従来の取引処理では取引に紐づいている署名データ(Witness Data)も一緒にブロックに取り込んでいましたが、これを切り離して一旦除外することで、従来よりも多くの取引をブロックの中に収めることができるようにする技術です。

2017年8月、ビットコインのブロックチェーンではSegwit技術が有効となりました。

ライトニングネットワークの利用

ライトニングネットワークはブロックチェーン上以外で成立する取引、いわゆるオフチェーン技術のひとつです。
ウォレットごとを繋ぐ形で取引や決済を完了します。

この方法なら、取引数が増えて送金詰まりが起きることもありません。

まだ実験段階の技術ですが、この方法がうまく機能すればスケーラビリティ問題の解決が期待できます。

ハードフォーク

上記のような、スケーラビリティ問題はビットコインのブロックサイズ仕様によって起きています。
よって、仕様変更によって問題を解決しようとハードフォークを支持する人もいます。

現に、ビットコインはブロックサイズを大きくすることを目的にハードフォークし2017年8月にビットコインキャッシュが生まれています。

ビットコインキャッシュではブロックサイズが8MBに設定されています。

このようにビットコインが実際に支払いや送金に使えるよう、様々な技術が開発されています。
現在もスケーラビリティ問題が完全に解決されているわけではなく、使いやすく改良されていくのか、それとも改良された後発の仮想通貨がより支持されていくのかはまだ分かりません。

成長途上の技術なので、ぜひ新しい情報をチェックしながら見守りたいですね。

仮想通貨が「タダ」でもらえる「AirDrop」(エアドロップ)が話題沸騰!


「仮想通貨が欲しいけど、いきなり数千円〜数万円投資するのは不安···」と思っている人は必見!

まずは仮想通貨が無料でもらえる「AirDrop」に参加してみよう!

仮想通貨がタダでもらえるAirDrop(エアドロップ)とは?

【エアドロップ一覧】開催中のAirDropを一覧表でまとめて紹介!

AirDropの事前準備まとめ!エアドロップに参加する為に必要なものを揃えておこう!

ビットコインって何?特徴・仕組みについて分かりやすく解説

2018.05.13

ビットコインのメリット・デメリットについて解説

2018.06.22

ビットコインのハードフォークって何?Hardfolkの仕組みと新たに生まれた仮想通貨まとめ

2018.01.30

ビットコインのスケーラビリティ問題って何?解決策とあわせて解説

2018.02.12

ビットコインFXとは何か?仕組みやメリット・デメリットについて解説

2018.06.19

おすすめの国内取引所一覧

bitbank(ビットバンク) 

bitbank(ビットバンク)
  • 板取引だから販売所よりもリップルやモナコインを安く買える!
  • レバレッジ最大20倍!さらに追証なしのFX!
  • 手数料無料キャンペーン継続中!
bitbank(ビットバンク) 公式サイトをみる

GMOコイン 

GMOコイン
  • リップルやライトコインなど人気の仮想通貨の現物取引可能!
  • 追証なしのFX!さらにスマホアプリの使いやすさが国内トップクラス!
  • 手数料無料!入金もすぐに反映するから安心して取引できる!
GMOコイン 公式サイトをみる

DMM Bitcoin 

DMM Bitcoin
  • 7種類の通貨で合計14種類のレバレッジ取引が可能!
  • ビットコイン、イーサリアムをはじめネムやリップル、ライトコインなど取り扱い豊富!
  • 今なら1,000円もらえるキャンペーン実施中!
DMM Bitcoin 公式サイトをみる

BITPoint(ビットポイント) 

BITPoint(ビットポイント)
  • FX定番ツール「MT4」が使えるから本格的な取引が可能!
  • 最大25倍のレバレッジが魅力のFX取引ができる国内取引所!
  • 手数料無料で売買ができる!さらにウォレット機能も完備!
BITPoint(ビットポイント) 公式サイトをみる

QUOINEX(コインエクスチェンジ) 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)
  • 国産ICOで誕生した話題の「QASH」(キャッシュ)が買えるのは「QUOINEX」だけ!
  • Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Rippleに加えNEM、Litecoinの取り扱い予定あり!
  • 板やチャートが一体化した見やすく使いやすい取引画面が魅力!
QUOINEX(コインエクスチェンジ) 公式サイトをみる

Zaif(ザイフ) 

Zaif(ザイフ)
  • NEMやMONAなど人気の仮想通貨の取り扱い有り!
  • 板取引だから指値で安く購入、高く売却できる!
  • 自動の「コイン積立」で「ドルコスト平均法」投資も可能!
Zaif(ザイフ) 公式サイトをみる

 - スケーラビリティ