はじめての仮想通貨投資入門

投資未経験者向け仮想通貨投資・ビットコイン投資入門

モナコインの技術を解説!Monacoinは世界的にも優秀で先進的な国産仮想通貨!

      2018/03/13

今回はモナコインの技術について解説します。
モナコインは日本の2ちゃんねるから誕生した仮想通貨ですが、それ以上にモナコインを注目すべき点はその技術力です。

そんなモナコインの技術面を徹底的に紹介していきたいと思います。

世界で最初にSegwitを実装

世界で最初にSegwitを実装

モナコインの技術力がいかに高いかを証明する事実として、Segwit(セグウィット)の実装が挙げられます。
実は、モナコインは世界で最初にSegwitを実装した仮想通貨なのです。

ここではSegwitとはどのような技術なのか紹介します。

スケーラビリティー問題とは

Segwitを実装することで、スケーラビリティー問題を解決することができます。
スケーラビリティー問題とは、仮想通貨の流通量の増加とともに浮上した問題です。

仮想通貨は、ブロックチェーンという仕組みを利用しています。
ブロックチェーンは、どこからどこへ仮想通貨が移動したかを全て記録しています。

仮想通貨が誕生してから現在までの全ての移動情報を記録しているため、ブロックチェーンを最初からたどれば、今現在どこにいくらの仮想通貨があるのか全て把握することができるのです。
また、ブロックチェーンでは、一定時間の取引をまとめて記録し、この一つのまとまりをブロックと呼びます。

スケーラビリティー問題とは、仮想通貨の取引量が増加したために、一定時間の取引量も大幅に増加し、ブロックの容量が足りなくなってしまうことです。

Segwitとは

次に、Segwitの仕組みについてみていきましょう。
Segwitは、このブロックに記録される情報のうち、取引を履行するために必要のないものを分けて保管する仕組みです。

この結果、同じブロックの容量でも、より多くの取引を処理することができます。
この時に、切り分けられる情報は署名データです。

署名データを分けて保管することで、セキュリティーもより安全になります。
メリットばかりのSegwitにみえますが、実装するのはそれほど簡単なことではありません。

ビットコインでもSegwitの実装には時間がかかりましたが、モナコインでは一足先にSegwitの実装を成功させていたのです。

マイクロペイメントチャネルとLightning Network

マイクロペイメントチャネルとLightning Network

スケーラビリティ問題を解決する手段として、マイクロペイメントチャネルLightning Networkという仕組みがあります。
また、これらの仕組みを利用することで、より速く、より安く仮想通貨の送金をすることができます。

それでは、詳しく仕組みをみていきましょう。

マイクロペイメントチャネルとは

マイクロペイメントチャネルでは、ブロックチェーンとは別にネットワークを構築し、2者間の取引を実施します。
ビットコインモナコインでは、前述したブロックチェーンをネットワーク上の参加者が承認処理します。

この仕組みによって、ブロックチェーンを利用した仮想通貨は安全に運営されているのです。
一方で、ブロックチェーン上で取引を承認してもらうためには、手数料を支払う必要があります。

また、すぐに承認されるのではなく、ひとまとめのブロックとして承認されるまでしばらく待たなければいけません。
マイクロペイメントチャネルでは、2者間で複数回の取引をする際に、ブロックチェーンに毎回記録するのではなく、最終的な差額だけを記録します。

例えば、AさんとBさんの取引において、1回目にAさんからBさんへ2ビットコイン(2 BTC)を送金し、2回目にAさんからBさんへ3ビットコインを送金し、3回目にBさんからAさんへ10ビットコインを送金したとしましょう。
3回それぞれの記録は、マイクロペイメントチャネル上で行われ、ブロックチェーン上では、最終的な差額の5ビットコインがBさんからAさんへの移動として記録されます。

マイクロペイメントチャネルはブロックチェーン上の記録とは別に行われているため、手数料を支払ったり、承認を待ったりする必要がありません。

Lightning Networkとは

マイクロペイメントチャネルでは、AさんとBさんがそれぞれ担保としてお金を預けておきます。
この金額の範囲内であればいくらでも取引を行うことができます。

ただし、実際に取引に参加するのはAさんとBさんだけではありません。
しかし、毎回2者間取引をするたびに担保を預けていたら、仮想通貨がいくらあっても足りません。

そこで登場したのがLightning Networkです。
Lightning Networkとは、マイクロペイメントチャネルを拡大し、2者間ではなく、多人数でも行えるようにした仕組みです。

実際に、モナコインではLightning Networkを利用することができます。

Atmic Swapの実現

仮想通貨を日本円で購入することもできますが、違う種類の仮想通貨で購入することも可能です。
しかし、個人間の取引では、一方が仮想通貨を送金し、もう片方が対価となる仮想通貨を送金せずに逃げてしまう可能性があります。

これを防ぐ仕組みがAtmic Swap(アトミック・スワップ)です。
それでは、モナコインにも実装されているAtmic Swapについて、みていきましょう。

Atmic Swapとは

Atmic Swapとは、仮想通貨を安心して交換するための仕組みです。
例えば、AさんがBさんにビットコインを送金し、代わりにBさんがAさんにモナコインを送金する場合を想定してみましょう。

Atmic Swapを利用することで、AさんからBさんへの送金にも、BさんからAさんへの送金にも鍵がかかります。
Atmic Swapでは、BさんがAさんからの送金を受け取るために鍵を解除した瞬間に、もう一方の取引の鍵がAさんへ受け渡されます。

つまり、片方の鍵が解除されれば、もう片方の鍵が自動的に解除できるようになるのです。
このような仕組みを利用して、双方が安心して仮想通貨同士を交換することができます。

Monacoin(モナコイン)が買えるおすすめの国内取引所一覧

Zaif(ザイフ) 

Zaif(ザイフ)
  • NEMやMONAなど人気の仮想通貨の取り扱い有り!
  • 板取引だから指値で安く購入、高く売却できる!
  • 自動の「コイン積立」で「ドルコスト平均法」投資も可能!
Zaif(ザイフ) 公式サイトをみる

bitbank(ビットバンク) 

bitbank(ビットバンク)
  • 板取引だから販売所よりもリップルやモナコインを安く買える!
  • レバレッジ最大20倍!さらに追証なしのFX!
  • 手数料無料キャンペーン継続中!
bitbank(ビットバンク) 公式サイトをみる

bitFlyer(ビットフライヤー) 

bitFlyer(ビットフライヤー)
  • ビットコインやイーサリアムはもちろん、モナコインやリスクなど話題の仮想通貨を取り扱い!
  • 大手メガバンクが株主&堅固なセキュリティで資産を守る「セキュリティ・ファースト」主義!
  • 「ビットコインをもらう」を使えば買い物するだけでビットコインが貯まる!
bitFlyer(ビットフライヤー) 公式サイトをみる

モナコインとは何?特徴や将来性、買い方を分かりやすく解説

2018.06.18

モナコインのセグウィットとは何か?仕組みやメリットを分かりやすく解説

2018.02.22

モナコインで買い物しよう!Monacoin決済な店舗・Webサービスまとめ!

2018.06.18

モナコインはコミュニティがすごい!Monacoinのコミュニティまとめ!

2018.06.23

モナコインの歩み!Monacoin誕生から今までの歴史まとめ!

2018.03.06

Zaifとは?ザイフはNEMやMonacoinが買えてコイン積立もできる人気の国内仮想通貨取引所!

2018.05.01

ビットフライヤーは国内の大手仮想通貨取引所!bitFlyerの特徴やメリット・デメリットを分かりやすく解説

2018.05.21

ビットバンク(bitbank.cc)の利用できる通貨や特徴、デメリットまとめ

2018.05.24

アトミックスワップの仕組みと特徴!未来の取引を変えるAtomicSwapの解説

2018.02.15

 - モナコイン